読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と川を眺めながら酒を飲む話

お酒弱いんですよ。

ぶりっ子抜きにして、お酒弱いんです。体調にもよりますが、普通の人より早めに頭痛くなって、気持ち悪くなって、眠くなって、帰りたくなるんですよ。いきものがかり並みに帰りたくなるんすね?

あ、でもお店でお客さんにいただくお酒は好きです。あれは気持ちをいただいてるので、頑張れ、とかやるじゃん、とかね、または黙れ!とかもっとできるだろ?とかそう言うのが乗っかってるのでね。嬉しいです。とても。

かたやオフの時のお酒はね、得意ではなかったです。飲んでる時は楽しいんだけど、前述したような体質なもんでね。

それでも、酒好きの友達が多いので、陽気になってるのを見て混ざりたくて、記憶がないとか言ってるのさえ羨ましくてね。

とはいえそうはなれない。生まれ持ったものだからしゃあない。だとしても、お酒ね、弱いなら弱いなりに楽しみ方を見つけていければなーと思っていたわけです。

今日ね、ママ、ママ、わかったわ!

的に、わかっちゃったんですよね。お酒の楽しみ方。ずっと見守ってくれてたんだ。日本酒は。

友達に誘ってもらって行ってきたんです。

青梅の方にある小澤酒造さん。

予約で酒蔵の見学が出来るし、飲み比べどころで一杯100円〜500円でそこで作ってる日本酒をいただけます。最初の金額におちょこ代が含まれていて、2杯目からはおちょこがあれば100円引きというリーズナブルさ。自分にあった一杯を見つけられます。

そしていい水で作った豆腐や湯葉などのアテもとても美味しい。お酒の味も引き立ちます。

美味しいつまみを少しづついただき、お酒もほどほどに少しづつ。これが自分に合っていた…。山間の川のほとりというロケーションも良い。幸せでした。

おちょこは酒蔵によってオリジナルのものを作っているところが多いらしく、色んなところに行って集めてみるのも楽しいかも。

ただ飲む、ひたすら量を競うように飲むべし飲むべし!と言うのも楽しいのですが、今日みたいにリラックスして癒し飲み、みたいなのは今後も率先してやっていきたい。

小澤酒造さんでは季節のお酒も取り扱っているらしいので、東京近郊という事もあるし、こりゃまた行くしかないなと思っております。

おすすめ、です。